すきーやの休日

2018年ANAプラチナ取得。デルタAMEXでスカイチームエリートプラス。マリオットプラチナ、ヒルトンダイヤモンドで楽しい休日を過ごす50代陸マイラー。

初滑り~志賀高原スキー

あけましておめでとうございます。

今年も大したネタはあげれませんが、もう少し頻度をあげたいと思っています。

今年は技術ネタについても仕事に絡まない範囲で、あげていきたいな。

よろしくお願いいたします。

 

 さて年もあけて、スキー場にもあちこちで全面滑走可能とか、何処何所に行ってきましたというお話を聞くと、私もウズウズしてきます。

 年末にスキー仲間から1月3日~4日に志賀高原に行きませんかとお誘いがありましたが、4日は嫁さんの実家に行くので無理だと思ってたのですが、3日で日帰りでもというお誘いで、3日未明に全員でレンタカーで出発、3日の最終のしなの号で帰るという強行軍を実施することにしました。

 嫁さんは友人との集まりがあるというので別行動です。

 5年ぶりに弾けたスキーができるということでワクワクしてました。しかも天気は前日に雪が降っての「晴!」ですから、「いつ行くの」「今でしょ」って感じ。

 参加メンバーは、Yファミリー(友人、その奥さん、次女の3人)と別の友人N、私の5人。

 

出発~渋温泉

 

f:id:hitachibana:20140103071431j:plain

 深夜3時に友人Y宅を出発するため、2時過ぎに自宅出発。名神一宮ICから上信越道中野ICまで3時間程度。

 荷物満載、四駆スタッドレスのことを考えて、エスティマをレンタル。後部座席は全員爆睡。友人Yが運転、私が助手席で眠気防止です。

 途中、長野道梓川SAでトイレ休憩だけして渋温泉へ直行し、途中コンビニで朝食を調達し、7時前に宿に到着。

 常宿は志賀高原の麓にある、湯田中渋温泉の旅館です。スキー場の宿は狭い、綺麗でない、料理は微妙とかなので、温泉綺麗、お店も充実、フカフカの布団、おいしい料理が期待できるここの宿を20年近く使ってます。

 湯田中渋温泉なら是非、山崎屋旅館さんへ

 

 渋温泉は道路には雪はありませんが所々凍ってます。友人Yと山崎屋さんの裏口。

f:id:hitachibana:20140103071444j:plain

 

 宿で着替えて、荷物を置かせてもらって、志賀高原に上ります。大体20分程度。

f:id:hitachibana:20140103071440j:plain

志賀高原到着~午前の部

 

 友人Yファミリーはお子さんをスキースクールに入れるために、しばらくは別行動。私と友人Nをゲレンデ上の駐車場まで運び、その後スクールの申し込みへ。

 私と友人Yは私たちの中では有名な『朝一ジャイアント』へ。

 リフトが動いていないため、まだ誰も滑っていないゲレンデを貸し切って一本滑ることができます。その後はリフトが動くまでレストハウスでコーヒー飲んで時間を潰します。

f:id:hitachibana:20140103081058j:plain

下のレストハウスでコーヒーが定番です。正面が西館山。

 

f:id:hitachibana:20140103081102j:plain

 気温マイナス10度。朝一の北側斜面なので、雪面はカリカリの斜面ですが、ピステンが圧雪した状態なので、ギャップもなく非常に滑りやすい。日が差していないので雪面は見づらいですが。

 初滑りが此処というので、少し控えめにスピードコントロールしながら、後半は60%ぐらいまであげて感覚を取り戻します。

 下まで行ったあとは、コーヒー飲みながら、ブーツの調整をして8時30分のリフト稼働までに出撃体制を整えます。

 

 いつもならジャイアントスキー場で1日を終えるぐらい滑るのですが、ここのメインリフトが一昨年に架け替えがあり、高速3人乗りから通常のペアリフトにランクダウンという時代に逆行するありえない対応がされたので、リフト乗車時間が2倍掛りかなり不便になりました。

 ハイペースでのノンストップランを続けることができないのと、寒い、まだ斜面が固いため、西舘山に移動。

 西舘山は南面になるため、程々に柔らかくなっており、スピードに慣れさせるのにもちょうどいいので、何度か滑って時間調整。10時30分に合流予定ですので、それまで西舘山を滑り、10時過ぎにジャイアントスキー場の下のレストハウスへ移動。

 天気も良く、全然混んでいないので、好き放題、滑り放題って感じでテンションMAXでした。

 西舘山から新潟の妙高高原を望む。下の町までくっきり見えます。

f:id:hitachibana:20140103110941j:plain

 

 

合流後は、ジャイアントスキー場を3本滑り、ビデオ撮影しながら西舘山で3本、そのまま高天原スキー場へ流れて、ここでも4本滑り、高天原から東館山へ流れて、ジャイアント~蓮池とツアーしてスクールの午前の部が12:00に終わるので、合わせて迎えにいくという流れ。

 ジャイアントスキー場の上部でかっ飛ばすY氏(SAJ1級)

f:id:hitachibana:20140105232504j:plain

 

 ジャイアントスキー場の下部で小回りのY氏

f:id:hitachibana:20140105232842j:plain

 

 ジャイアントスキー場で小回りのN氏(SAJ2級)

f:id:hitachibana:20140105233033j:plain

 

 1級はまだのようです。

 

 西舘山でかっ飛ばすhitachibana氏(SAJ1級)

f:id:hitachibana:20140105233156j:plain

 

 

 西館山で不整地小回り(のつもり)のhitachibana氏。

f:id:hitachibana:20140105233340j:plain

 

 

お昼ご飯~午後の部

f:id:hitachibana:20140103120527j:plain

 お昼はサンバレースキー場のレストラン・グリーンへ。

ここは何でもおいしいですが、ハンバーグとカニクリームコロッケがおすすめ。

いつもカレーを食べてましたので、今回もハンバーグカレーにしましたが、カレーは多分、出来合いのもの。多少手は入れてるかもしれませんが、ちょっとがっかり。

やはり人が減ってるんですね。数年前まで毎年10回以上来てるので、すぐにわかりました。ハンバーグはジューシーで美味しかったです。

f:id:hitachibana:20140103124103j:plain

 丸池観光ホテルが閉鎖し、お昼をおいしく戴けるところが減ってきました。

 午後は、ジャイアントスキー場、サンバレースキー場をメインに滑り込み。

 15:30にはY氏のお子さんがスクールから戻り、私はそろそろ膝が限界になってきたのでビデオ係メインに。

f:id:hitachibana:20140106001826j:plain

 16:00までサンバレースキー場で滑りまくって宿に下山。

 都合、リフト24本に乗ったことになり、十分元を取った感じ。筋肉痛が・・・

 

下山~帰宅の旅

 

 宿に戻ってからは、温泉に浸かって筋肉痛対策をとって、電車で帰ります。

 最寄り駅まで車で送ってもらい、18時長野電鉄湯田中駅~JRしなの号で名古屋

22時着。寝不足もあって、電車の中は爆睡でした。

 スキー板やブーツなどは車で持って帰ってもらうようにしたため、帰りはウェアのバックだけ。楽ちんな旅でした。

 なぜか長野駅のコンコース内にプレハブが立ってて、すごい違和感が。

f:id:hitachibana:20140103192425j:plain

 

久々の体育会系スキーの感想

 

 最近は嫁さんとだったりで控えめなスキーばかりでしたので、今回は天気も味方して、弾けまくりのスキーでした。

 1日しかないので、本当に動けなくなるまで滑らさせていただきました。

 お子さんのビデオ撮影で、結構スピードをガンガン出すので、プルークのままビデオ構えて撮りつづけると、一気に膝に来ました。スキー直後から筋肉痛になったのは久々です。翌日とか3日後に来ない分、きっと若い証拠でしょう。

 

 私のスキーは2002-2003モデルのSalomon DEMO 9 Pilot 3V(160cm)でもう11年目です。そろそろ買い替えたいのですが、スキーの頻度が下がっているので、中々きっかけが。ずーっとトップモデルを使い続けているので、廉価モデルには少し抵抗があります。廉価モデルの型落ちとかかなり安いんですけどね。トップモデルは型落ちでも殆ど値段が落ちないという。うーん。

 そういえば、このスキーを決めるために閉鎖間際の船橋にあったSSAWSにいって試乗して、ATOMICと比べて、そのまま石井スポーツに予約をしにいった。

 ブーツも一緒に新調したのでブーツがそろそろ割れそうで怖いし、うーんお金が。

 上にあqる友人NのオガサカのKeosを借りて滑ってみましたが軽い軽い。もうそんなに体力もないので、軽くて取り回しのしやすい板が欲しいと思いました。

f:id:hitachibana:20140103155816j:plain

 

 

次はいつ行けるかな・・・

 

↓酔いやすい方は見ないほうがいいです。追っかけとかで撮影していますので、かなりぶれています。


20140103 All Star - YouTube