すきーやの休日

2018年ANAプラチナ取得。デルタAMEXでスカイチームエリートプラス。マリオットプラチナ、ヒルトンダイヤモンドで楽しい休日を過ごす50代陸マイラー。

ヒルトン・ダイヤモンドチャレンジ その3

ヒルトンのダイヤモンドチャレンジ継続中です。

今回が4滞在目で折り返しです。

既に7滞在予約済みですので、あと1つ入れれば完了予定です。

f:id:hitachibana:20181012123434j:image

今回の予約からはHPCJの予約です。25%割引はかなりお得ですね。

f:id:hitachibana:20181011212207j:image

水曜日あたりで予約すれば税サ込込で15Kぐらい。f:id:hitachibana:20181011212525j:image

安い部屋で予約してもダイヤモンドのお陰でアップグレードされます。でも、名古屋ヒルトンは、部屋自体の面積は同じようなので、気分だけかなと。

まあ、アップグレードされるだけ良いと思わないとですね。

f:id:hitachibana:20181011212809j:image

以下の4タイプは部屋面積自体は同じ模様。構造上難しいですね。

・クイーンダブル

・クイーンデラックス

・キングエグゼクティブ

・キングプレミアエグゼクティブ

前回はクイーンダブル→キングプレミアエグゼクティブへアップグレードされましたが、今回はキングエグゼクティブへ。

HPCJ故なのか、単純に混んでるのは不明です。

 

22~23階はエグゼクティブフロア

24~27階がプレミアエグゼクティブフロア

ラウンジは26階にあります。

f:id:hitachibana:20181011213302j:image

 

 

デジタルチェックイン

 

ヒルトンアプリを使ってると前日ぐらいにデジタルチェックインしてねって通知がきます。

f:id:hitachibana:20181011213841j:image

チェックインを選択すると到着時間を聞いてきますので、時間を設定すると、部屋を選択出来るようになります。

f:id:hitachibana:20181011214038j:image

フロアを選択すると、
f:id:hitachibana:20181011214055j:image

部屋番号まで選べます。
f:id:hitachibana:20181011214107j:image
ホテルシステムの運用をやってる立場からすると、これって画期的だったりするんですよね。

お客様に部屋を決めさせるのはかなり衝撃的でした。

でも、お客様の立場からすると、好きな部屋を選べるって当たり前のことなんですよね。

飛行機も座席予約できますし。

こんどシステム開発部門に提案してみよう。

 

 

キングエグゼクティブルーム

 

部屋に入ると違いが分かりました。

プレミアエグゼクティブルームは、バスルームが広いです。バスタブ以外にシャワーブースがあったのがなくなり、バスタブだけになります。

f:id:hitachibana:20181011220038j:image

その分部屋自体は少し狭くなります。

というより、プレミアじゃない方は、窓とベッドの間が無駄に広くて微妙だったりします。

レイアウト的にはプレミアの方がよいですね。

f:id:hitachibana:20181011214641j:image

 

エグゼクティブ・ラウンジ


f:id:hitachibana:20181011220225j:image

名古屋ヒルトンのラウンジは激混みです。

そんなに広くないので、すぐに満席になり、食べ物をがっつり食べる人が多いので、すぐに無くなります。

 

そんな私もラウンジ乞食ですが。
f:id:hitachibana:20181011220611j:image

この辺は以前利用したJWマリオットやシェラトンのレベルの高さがうかがえます(私もそんなにあちこちを知ってる訳では無いのですが)

 

朝はレストランで戴いて、そのまま仕事に向かいます。ヒルトンから出社とか気持ち良いですね。

 

朝はロビー玄関にエアラインスタッフご一行が集まってます。

今朝はエールフランスらしきご一行がいらっしゃいました。

らしきというのは、フランス語が聞こえたことと、CAさんの黒い制服からなんですが。

 

今朝はチェックアウトの際にラウンジの窓際が空いたので、飲み物飲みながら、名古屋駅方面をパシャリ。

f:id:hitachibana:20181011220912j:image

あと4滞在頑張ります。